こちらではワキガ対策について解説しています。

ワキガ対策をしてニオイを消すには?

HOME > ワキガはアポクリン汗腺が原因? 】

アポクリン汗腺が原因?

なんでワキガになってしまうのか?

なんで自分だけワキがくさいのか?

このように悩まれる人もいます。

では、そもそもワキガの原因ってなにがあるのか?

それは、アポクリン汗腺が原因だと考えられています。

脇の下には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺、この三つの分泌腺があります。

そのうちのエクリン汗腺から出るのはサラっとしている汗になるのですが、そこに皮脂腺からの皮脂を取りこむと、汗くささの原因になるといわれています。

でも、汗くささとワキガというのは違います。

ワキガというのは、アポクリン汗腺からの汗の分泌が主な原因だと考えられています。

また、アポクリン汗腺には、脇の下だけではありません。

他にも、耳の下、乳首の周囲、性器の周辺などに集中しているという特徴があるんです。

脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどで構成される汗がアポクリン汗腺から分泌されているのですが、エクリン汗腺からの汗との違いは、サラっとしているエクリン汗と比べて粘性があるのがアポクリン汗になります。

しかし、アポクリン汗だけがワキガ特有の臭いの原因ではないんですね。

皮膚の常在菌の分解や、皮脂腺からの皮脂分泌量が増える事により細菌が増殖したりするなど、色々なことが重なって起こる事で強いワキガのニオイとなります。

つまり、脇の下の細菌の繁殖を防ぐようにすれば、それだけでワキガの臭いを軽減することが可能というわけです。

ですので、ワキガの悩んでいる人は、日頃から清潔にしておかなくてはいけません。