こちらではワキガ対策について解説しています。

ワキガ対策をしてニオイを消すには?

HOME > ワキガは遺伝してしまうのか? 】

遺伝が関係している?

ワキガの悩みは、その本人でしかわかりませんが、そもそもなんでワキガになってしまったのか?

その原因には、いくつかありますが、実は、遺伝が大きく関係しているといわれています。

ですので、両親のどちらかがワキガになっている場合は、遺伝する確率は50%前後となっています。

そして、両親がどちらもワキガの場合になるとその確率はさらに上がり80%とも言われています。

そのようなことから、ワキガは遺伝して発症することが多いのも特徴です。

また、子供の頃は、なんともなかったけど、大人になってから脇の臭いが気になるようになったという人も多いようです。

つまり、両親がワキガの場合、その子供も急にワキガになる可能性もあります。

あまりにも酷い場合には、病院での治療や手術などを行う必要がありますが、その際、決まって医師から「両親、もしくは、親族にワキガの人はいますか?」と聞かれるようです。

なので、ワキガと遺伝には切っても切れない縁があるということを覚えておいてください。

どんなにワキガにならないように心掛けていたとしても、親族にワキガの人がいたら、あなたもワキガになる確率は極めて高くなります。

それでも、食生活の見直しや運動不足の解消をすればワキガが軽減されるでしょう。